矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Daily column

9 30
2020
【ガーデニング×IT】ガーデニング支援ロボットへの期待②
矢野経済研究所 ICT・金融ユニットでは、研究員がリレー形式でコラムを執筆しています。 今年度のコラムのテーマは「IT×○○」です。「IT×金融」のFinTechをはじめ、多くの「IT×○○」が誕生しています。 研究員が、今まで耳にしたなかで面白かった「IT×○○」や、あったら面白そうな「IT×○○」について綴ります。 6人目の投稿者は、ペイメント分野を中心に調査している高野です。 ________ 〇自動剪定ロボット 理想とする草木の形を事前にソフトに登録しておけば、自動的に剪定をしてくれるロボットである。一定の範囲を超えて枝が伸びた時にセンサーで感知をして、自動で剪定作業を進めてくれる。気温や湿度も分析し、害虫が発生した際には駆除してくれる。 〇清掃ロボット 落ちている葉っぱや花びらをセンサーで感知し、自動的に収集してくれるロボット。掃き掃除を代行してくれるだけでなく、地面や道路の汚れを取り除き、最適な環境に整備してくれる。 などなど、ガーデニングのノウハウを教えてくれるロボットも登場すると面白いのではないか、と感じています。庭いじりが大好きな人にとっては邪道なサービスになるかもしれませんが、空き家の管理や仕事が忙しすぎて庭に手が回らない人にとっては、あると非常に助かるロボットではないかと思います。四季折々の景色が楽しめる庭作りのお供に一家に一台いかがでしょうか(高野淳司)。
9 28
2020
【ガーデニング×IT】ガーデニング支援ロボットへの期待①
矢野経済研究所 ICT・金融ユニットでは、研究員がリレー形式でコラムを執筆しています。 今年度のコラムのテーマは「IT×○○」です。「IT×金融」のFinTechをはじめ、多くの「IT×○○」が誕生しています。 研究員が、今まで耳にしたなかで面白かった「IT×○○」や、あったら面白そうな「IT×○○」について綴ります。 6人目の投稿者は、ペイメント分野を中心に調査している高野です。 ________ コロナ禍の中、在宅勤務を前提とした勤務体系がニューノーマルとなりつつあります。在宅勤務が当たり前となり、外出時の活動にある程度制限が掛かってしまうと、自宅で選択できる活動は意外と少ないものです。部屋の整理整頓や断捨離、手作り料理、読書、マラソン、筋トレなどに励む人も多いのではないでしょうか。今回はそうした選択肢の中でも、ガーデニングとITについてこんなのがあったらいいな、というものを考えてみたいと思います。 〇自動草取りロボット 雑草と芝をセンサーとマシンビジョンで識別し、雑草が出てくると自動的に雑草を摘み取るロボットである。ある程度の段差も上り下りが出来て、太陽光で充電ができるため、基本的には充電は不要で、雨等にも強く、劣化しにくい構造になっている。雑草をただ摘み取るだけでなく、根っこの張り方まで完全に分析し、根っこごと抜き取ることが出来る(高野淳司)。

Main Contents Topics

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422