矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Daily column

2 19
2019
ウェアラブルEXPOで見た最新技術①「結ぶ」ことが可能 組紐の技術を用いたウェアラブルセンサー
東京ビッグサイトで開催された「第5回 ウェアラブル EXPO(1/16~18)」を訪れた。展示されていた最新技術について数回に分けて紹介する。第1回は関西大学と帝人が共同開発した「圧電組紐」である。 圧電組紐とは、ポリ乳酸繊維を使用して圧電体を組紐状にしたウェアラブルセンサーである。圧力を加えると電気エネルギーを発生する圧電体と様々なものに加工しやすい紐の特性を併せ持っている。日本の伝統工芸である「組紐」の技術を用いることにより、1本の紐で「伸び縮み」「曲げ伸ばし」「ねじり」といった動きのセンシングを可能にした。これらの特性により、目的に合わせて様々な長さ、太さ、形状に調整できる。最短で1cm程度あれば、センサーとして使えるとのことであった。 例えば、サッカー用のスパイクの外側に配置すれば、スパイクのどの面で蹴ったのか、どれほどの力がかかっており、どれほどの力をボールに与えたかを分析できる。また、テニスラケットのガットに使用すれば、ストリングス一本ごとにボールに与える力を計測できる。医療の現場でもチョーカー等の形にし、ファッション性を加えながらも鋭敏に反応を示すセンサーとして脈波や嚥下、咳などを識別する生体センサーとしての活用が期待されている。 従来の圧電体では、強い衝撃がかかる箇所での計測が課題とされていたが、圧電組紐は柔軟性があり、様々な分野での活用が期待できそうだ。 (石神 明広)
2 18
2019
米国CES2019で アナリストは見た!④ 動き出している米国MaaS社会
毎年1月初旬に米国ラスベガス開催される世界最大のエレクトロニクス展示会「CES」に行ってきました。(写真2枚あり) 当コラムではCES2019の話題として、①トランプ政権下のCES、②世界中から押し寄せるスタートアップ、③進む異業種間競合、④動き出している米国MaaS社会、の4テーマを取り上げて掲載します。 第4回のテーマは「④動き出している米国MaaS社会」です。 今回は移動に、ホテル⇔展示会場のマイクロバスだけでなく、Uberも多用しました。Uberのドライバには女性も多いようで、暗くなってからの配車リクエストだったにもかかわらず主婦ドライバに乗せてもらいました。「深夜も走らせたいけど家族がいるからだめなの。深夜なら某高級ステーキハウスに届けるだけで、ひとりあたり数万円ペイバックがあるという富裕層客相手のリクエストもあるんだけれど・・・」と言っていましたが本当でしょうか。 いずれにせよ米国では、地方部では豊富なエネルギー資源を活用するSUVやライトトラックが走り回るものの、都市部ではウーバーやリフトに見られるようなシェアカーが普及していく事でしょう。「保有」するモビリティではなく、サービスとして「利用」するモビリティです。 さらには今回の展示会場で目立ったホバーボード(写真あり)、空飛ぶタクシーなど四輪以外の多様なモビリティ製品も出てきました。 展示会場の外でも、日本にはないモビリティサービスがありました。最終日の夜に街角で見つけた「レンタルスクータ」です(写真あり)。国際免許不要とのことでしたが・・・。「これに乗ってベガスの街を走り回ると楽しそーだなー。でも、それだと仕事にならねーなー」などとアンビバレントな望みを不毛に繰り返しながら、でも頭の片隅では「米国MaaS社会は動き出している」などと少しまともなことも考えつつ、明日の朝早いフライトに向けてトボトボとホテルに帰ったのでした。(森健一郎) <関連資料> https://www.yano.co.jp/market_reports/C60115800 ○本コラムのシリーズ①は こちら よりご覧いただけます。 ○本コラムのシリーズ②は こちら よりご覧いただけます。 ○本コラムのシリーズ③は こちら よりご覧いただけます。

Main Contents Topics

12 27
2018
2018 銀行における次世代決済サービスの実態と将来展望
経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」をはじめ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックやその先を見据え、キャッシュレス化社会の実現に向けてカード業界が盛り上がりを見せている。昨今、特に地方銀行を中心にデビットカード発行に参入しており、今後も多くの銀行が参入を予定している。また、銀行の中には、イシュアに加えて、加盟店開拓まで手掛ける銀行が幾つか登場するなど、注目すべき動きも出てきている。また、2017年には横浜銀行の「はまペイ」や飛騨信用組合の「さるぼぼコイン」をはじめとした「銀行Pay」が登場、今後も複数の銀行が参入を予定している。 そこで本調査レポートでは、デビットカード市場(ブランドデビット、J-Debit、銀行Pay)に焦点を当て、ブランドデビット発行事業者や銀行Pay発行事業者などの実態について調査した。 市場の算出に際しては、ブランドデビット、J-Debit、銀行Pay別に市場規模を算出しているほか、J-Debitとブランドデビットでのシェアやブランドデビット提供事業者のシェアについても算出している。カード会社の取組みを網羅的に把握することで、キャッシュレス化の推進に対する課題を分析、決済インフラのあり方を展望した。
12 27
2018
2019年版 MaaS市場の実態と将来予測 -サービス化する自動車産業1 市場分析編-
これまでのMaaS市場についての情報は、新聞、雑誌、セミナーなど情報量は多いが、切り方や、概念や市場規模がバラけているという印象であった。 そこで今回のレポートでは「米国SAEの分類に準じてMaaSのサービス分野を設定した」ことと「MaaSプレーヤがどのようなデータを活用してサービスを構築しているか」という横串・縦串を使って、国内MaaS市場を徹底的に分析した。 当レポートにより、~2030年までの国内MaaS市場を11のSAEサービス分類に近い形で予測することが可能になった。 またMaaSが自動車産業をどのように変えていくかを考察。大変化の中で、日本OEMがいかにGAFAや海外OEMとのプラットフォーム競争でサバイバルするかについて明示していく。 日々大量に配信されるMaaS関連情報に1本の芯が通ったように感じるのではないか。 今回だけではない。将来にわたっても活用しやすく編集した。「単一のモビリティ」か「マルチモーダル」かなど、新プレーヤの性格分類にはめ込んで見ていくことができる。 CASEによりもたらされる自動車産業大変革。その果実がMaaSだとすれば、当レポートは、変化を乗り切り果実を手に入れるための戦略立案の一助になるものと確信している。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422