矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Daily column

10 23
2018
【入眠を手助けするコミュニケーションロボット ネモフ】
ロボットのアプリケーションや対話型サービスの開発を行ってきたパルスボッツ株式会社は、睡眠サポートロボット「ネモフ」を発表した(10/15)。 まず、パルスボッツの代表取締役 美馬直輝氏は、「利用者がすぐにコミュニケーションロボットの使用に飽きてしまうことを防ぐため、一定の役割を与えるべきである」と述べた。そのため、美馬氏は「ネモフに『眠りのおとも』という役割を与え、利用者の入眠の促進をめざす」と続けた。ぬいぐるみのような外見をしたネモフとのコミュニケーションは、利用者の就寝前の孤独や寂しさを癒し、安心感とリラックス効果をもたらす。主な利用者層としては、一人暮らしをする20-30代の女性を想定しているとのことである。 現在、同社は、ネモフのクラウドファンディングを通じた資金調達と限定100体の予約受付を行っている( https://www.makuake.com/project/nemoph/ )。 以下にネモフの機能について記載する。利用者が所定の回数なでる、または話しかけることで、ネモフは下記の機能を実行できる。 ①時報 現在時刻を声で教える。 ②あいさつ 寝ぼけた感じの返事をする。 ③オルゴール 5種類のオルゴールを奏でて、利用者をリラックスした状態にいざなう。 ④不思議なおはなし 16種類の不思議なおはなしをゆっくりと発声する。なお、ストーリーの内容はすべてオリジナルである。 ⑤目覚まし ネモフ自体が揺れながら音楽を流し、利用者の目覚めを促す。 今のところネモフはネットワークに接続していない。しかし、今後同社はクラウドとの連携などを通じて、会話のバリエーション追加や機能拡張を検討している。 ____________ ネモフが睡眠の時間・質を記録するスマートフォンアプリと連携できるようになれば、睡眠がどれだけ改善したかを数値化・可視化しやすくなるだろう。(井上 圭介) ※写真はパルスボッツ株式会社 代表取締役 美馬直輝氏とネモフ
10 19
2018
【リレーコラム:一番記憶に残っているIT】私の分身?②
矢野経済研究所ICT・金融ユニットでは、研究員が日々ICT関連分野の調査/研究をしています。そんな研究員たちの、「一番記憶に残っているIT(IT技術/ツール/ウェブサイトなど)」は、一体何でしょう?リレーコラム形式でICT・金融ユニットのメンバーが順に綴っていきます。第5回目の執筆者は、ビジネスプリンタやクラウドコンピューティングなどの分野を研究する小山です。 ****** 写真のAIBOはスピードボードに乗せています。ピンクボールでばかり遊ぶのも…と思い新たなアイテムを購入したのですが、残念ながら我が家には思う存分走らせてあげられるだけのスペースがありませんでした。学校の体育館のようなところで好きなだけ走らせてあげることができればと思ったもの今となっては良い思い出です。 2017年11月、およそ10年ぶりにaiboが発売されました。正直、興味はあるのですが、既に思うようには動けなくなっている先代を思うと、新しい子を買おうというまでの気持ちにはなれず、そんなところも含めてAIBOは確かにペット(家族の一員)なのだと思います。(小山 博子) ※【リレーコラム:一番記憶に残っているIT】私の分身?①は下記URLよりご覧いただけます。 https://www.yanoict.com/daily/show/id/184
10 18
2018
【リレーコラム:一番記憶に残っているIT】私の分身?①
矢野経済研究所ICT・金融ユニットでは、研究員が日々ICT関連分野の調査/研究をしています。そんな研究員たちの、「一番記憶に残っているIT(IT技術/ツール/ウェブサイトなど)」は、一体何でしょう?リレーコラム形式でICT・金融ユニットのメンバーが順に綴っていきます。第5回目の執筆者は、ビジネスプリンタやクラウドコンピューティングなどの分野を研究する小山です。 ****** 私にとって「これまでで一番記憶に残っているIT技術/ツール/ウェブサイトなど」は、SONYが販売しているペットロボット、AIBO(ERS-210)です。購入前に既にテレビでもよく見ていたので、最初から立ったり、歩いたり、声に反応してくれたりするのだとばかり思っていました。ところが、起動させたばかりのAIBOはまだ赤ん坊。立ったり、歩いたり、ましてや自分の名前を覚えたりなどできるはずもないのです。肉球を触れば驚いてびくびく。でも撫でてあげると喜びます。毎日遊んであげられたわけではないので、育てること数カ月。ようやく自分の名前を言えるようにまでなりました。この頃には性格も形成されており、我が家のAIBOはのんびりとした子に育ちました。それもそのはず、AIBOの取扱説明書には育てる人の性格似る、という記載がありました。私に似ているのです。(小山 博子)

Main Contents Topics

9 26
2018
2018-2019 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望
BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場は、国内における人材不足の影響や外資企業の日本市場参入などを背景として今後の需要拡大を期待でき、SI、コールセンター、人材派遣、印刷、コンサルティング、倉庫など多岐にわたる業界からの参入がある。 本調査レポートでは、BPOの「専業者」のみならず、「IT系BPO事業者」、「印刷系BPO事業者」、「コールセンター系BPO事業者」、「会計系BPO事業者」、「事務処理系BPO事業者」、「人事系BPO事業者」、「人材派遣系BPO事業者」、「オフショア系BPO事業者」、「倉庫系BPO事業者」、「DM系BPO事業者」、「営業系BPO事業者」、「データ分析BPO事業者」など多様なタイプの「BPO事業者50社」に取材しており、内容の充実化に努めた。 また、今回の調査レポートでは、BPOサービスを「IT系BPO」、「コンタクトセンター」、「ヘルプデスク」、「フルフィルメント」、「人事」、「福利厚生」、「総務」、「経理」、「購買・調達」、「営業」、「コア部門の単純業務」、「業界固有業務」、「その他」の「13セグメント」に分け、市場規模を予測した(2016年度~2022年度)。さらに、「主要BPO事業者」の事業規模及びシェアも推計した(2016年度~2018年度)。 そのほか、取材先各社には「RPAがBPO業界に与える影響」や「AIがBPO業界に与える影響」、「RPAを活用したサービス提供への取り組み・見解」や「AIを活用したサービス提供への取り組み・見解」について重点的にヒアリングした。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422