矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2018.07.06

アジアでの撮影&独り言「アジアITSイブイブイブ」タイ編⑦

アジアのITSは欧米や日本の後を5年遅れて付いてくるとおもったら大間違い。アジアはそんなことはしない。ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)には程遠い。でも、だからこそ欧米を見ていては見えてこない何かがあるような気がする、アジアのITSは前夜の前夜のそのまた前夜くらい。「アジアITSイブイブイブ」です。

 

今回のアジアはタイのモバイル決済です。

バンコクのCVS(コンビニエンスストア)に入ると、カウンターの上に中国語の張り紙がしてあって、どうやら「この店でアリペイとWeChatを使えます」と書いてあるらしい(写真あり)。アリペイとWeChatは中国の2大携帯端末決済サービスであり、既に中国の決済全体の12%に達しており今後も成長していく見込み。もはや日本のデパートでも訪日中国人向けにアリペイ、WeChat使用可になってきていますが、中国からの観光客の多いバンコクでも同じです。

こと自動車市場においてタイは、日本車のシェアが90%以上という圧倒的優位の状態。欧米企業も簡単には手を出せません。しかし、もしも携帯端末決済サービスのプラットフォームが車載ITでのサービスに参入してくれば、それは不気味です。(森健一郎)

森 健一郎(モリ ケンイチロウ) 主席研究員
市場の分析は、数字だけには留まりません。得られた数字の背景には、開発担当のパッションや、販売担当のため息、消費者の感覚の変化・・・など様々な人間くささがあります。こうした背景を踏まえたコメントを丹念に拾い、市場の将来像を予測分析していきたいと考えています。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422