矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2019.01.10

【謹賀新年 子どもにも身近なキャッシュレス】

明けましておめでとうございます。

2019年は益々キャッシュレス化が進んでいく年となりそうです。
正月に7歳の息子がお年玉をもらっている姿を見て、日本でも、中国のようにお年玉をキャッシュレス決済で渡す日が来るのか、と考えてみました。

つい最近までは、高齢者がお年玉を電子的なバリューで送ることは、あり得ないと思っていましたが、
近年の「ポケモンGO」ブームで、スマートフォンでポケモンGOをやっている息子を見ていて、意外とその時期は近いのかな、と思うようになりました。

というのは、7歳の息子たちがスマートフォンを介して、獲得したモンスターをプレゼントしたり、プレゼントとして受け取ったりと、
当然のようにポケモンGOのアプリ上でバリュー(モンスター)の送受信を行っているのを目の当たりにしているからです。

キャッシュレス決済は、電子的に金銭的なバリューを移転させるものであり、概念としては、金銭的なバリューの移転も、
「もの」としてのバリューの移転も、情報の移転も変わらないともいえます。

そのため、電子上でバリューを送りあう習慣がついている息子がある程度の年齢になると、お年玉を現金でもらうよりも、
その子たちにとって価値のあるバリュー(レアなモンスターや情報)が電子上で送られてくる方が喜ぶようになるのではないか、と感じています。

いずれにしても、キャッシュレス社会は、単なる電子決済が利用できるかどうか、だけではなく、基盤技術などの進展を基に台頭する新たなコンテンツと相まって、
想定外の形で進展していくことになるでしょう。

お年玉を〇〇Payで支払う日は来るのでしょうか?今後が楽しみです。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。(高野淳司)

高野 淳司(タカノ ジュンジ) 主任研究員
数多くの取材を通して得ることの出来た「生の情報」を元に、お客様が抱えている問題にしっかり耳を傾け、もっとも効果的な解決方法を発見できる調査を提案することをモットーとしています。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422