矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2019.06.10

【Lumada事業の拡大が日立製作所の成長に】

日立製作所が開催する「Hitachi IR Day 2019」に行ってきました(6/4)。東原 執行役社長 兼CEOを始め、IT・エネルギー・インダストリー・ライフ・モビリティの各セクターによるプレゼンでキーワードとなったのは「Lumada(ルマーダ)」でした。

Lumadaとは、同社のデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称です。ITセクターでは、2021年度までの3年間でLumada事業に1,500億円以上の投資を計画しています。また、他セクター全体では2021年度のLumada事業の売上高を2018年度比120.5%の4,000億円と設定しました。

同社は、「2021中期経営計画」で売上収益の年成長率3%超、調整後営業利益率10%超を掲げており、その成長エンジンとして重要になってくるのがLumadaであることは間違いないでしょう。今後どのようなユースケースが生まれ、Lumada事業がどのように広がっていくのか楽しみです。

(星 裕樹)

星 裕樹(ホシ ユウキ) 研究員
業界の方々、お客様と信頼関係を築くことが何よりも重要だと考えています。 「足で稼ぐ」をモットーに知見や情報を積み重ね、市場の実態把握と将来像の予測分析に努めてまいります。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422