矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2019.10.09

【リレーコラム】ゲームの変遷①

矢野経済研究所ICT・金融ユニットでは、研究員が日々ICT関連分野の調査/研究をしています。2019年度は「平成を振り返って/未来に想いを寄せて」をテーマに、リレーコラム形式でICT・金融ユニットのメンバーが順に綴っていきます。8人目は、IoTやインフラ系ICTなどの領域を担当している早川です。

---

筆者が大学生の頃、ファミリーコンピュータ(ファミコン)が発売されました。特にゲーム好きではなかったのですが、弟が欲しがったこともあり、取りあえず購入してみました。

当初はソフトが限定的で、壁打ちテニスとか、極端に単純なインベーダゲームもどきがあったように記憶しております。しかしすぐに飽きてしまいました。そもそもアクション系が苦手でしたので、遊べるソフトがあまりありませんでした。

その後、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーが発売され、ゆっくり遊べる上にストーリー性も向上したこともあり、ロールプレイング系ゲームを目的に、スーパーファミコン~プレステ3まではずっと購入を続けました。

元々は外で遊びたいタイプだったのですが、ドラクエが発売されると、ほぼ連日ゲーム三昧になります。今思うと、一種の中毒症状だったのでしょうか。(早川泰弘)

早川 泰弘(ハヤカワ ヤスヒロ) 上級研究員
産業調査/マーケティング業務は、「机上ではなく、現場を回ることで本当のニーズ、本当の情報、本当の回答」が見つかるとの信念のもと、関係者各位との緊密な関係構築に努めていきます。日々勉強と研鑽を積みながら、IT業界の発展に資する情報発信を目指していきます。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422