矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2020.01.08

【謹賀新年】InsurTechをさらに促進するには?

あけましておめでとうございます。

InsurTech(主に生命保険×IT領域)やブロックチェーンなどを担当している、山口です。

皆さまは昨年どのような一年でしたでしょうか。

InsurTech領域では保険業法の改正や、監督指針の改正があったほか、第一生命をはじめとした本格的なクラウド化の流れ、そしてサンドボックス制度を活用した新たな保険「わりかん保険」プロジェクトなど、さまざまな変化が起こりました。

また、年末にはSOMPOひまわり生命と台湾のヘルスケアスタートアップ、H2社による「糖尿病の方のための医療保険:BLUE」が発表されるなど、2020年に起こる大きな変化を予見させる動きもありました。

FinTechと比較すると、InsurTechの動きはIT面なども含めて比較的遅れていたものの、徐々にその遅れを取り戻すような動きが登場、2020年はさらに加速していくものとみられ、担当としては楽しみにしています。

ただ、楽しみである一方、少し踏み込むと、InsurTechを本気で進めるためには、私たちの目に触れる「新たな保険商品」に加え、裏側の流通チャネルやシステム、人事制度を含めた組織体制なども併せて大きく変えていくことが求められており、各社が抱える悩みは多く、深いものとなっています。

2020年も引き続き、各種調査を通じて、「華やかな見た目」に留まらず、「社内のリアルな変化」にも踏み込み、実態を把握しながら、関連領域の皆さまとともにInsurTechの現実解を模索していけましたら幸いです。

本年もよろしくお願い申し上げます。(山口泰裕)

『生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望 2019』(20191226日発刊)(URLhttps://www.yano.co.jp/market_reports/C61118900)を絶賛発売中。

※写真は1/3に参拝しました、明治神宮です

山口 泰裕(ヤマグチ ヤスヒロ) 研究員
ITを通じてあらゆる業界が連携してきています。こうした中、有望な業界は?競合・協業しうる企業は?参入障壁は?・・・など戦略を策定、実行に移す上でさまざまな課題が出てきます。現場を回り実態を掴み、必要な情報のご提供や戦略策定のご支援をさせて頂きたいと思います。お気軽にお声掛け頂ければと思います。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422