矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2021.09.08

【伝わる言葉を考える難しさ】

最近取材や原稿作成を行うようになり、相手に伝わるように話したり書いたりすることの難しさを感じます。家族や親しい友人と会話やメッセージをするときは、短い言葉のやり取りで「なんとなく」伝わることが多いと思います。前職でショッピングモール内の装飾を考えるとき、制作会社様に「もっと夏っぽくしてほしい」など抽象的なやり取りをしていたことを思い出しました。言葉で伝えることを疎かにしていたのだと痛感しております。今更になってしまいますが、話すことでも文章においても、相手に伝わるかを常に意識していきたいと思います。

ちなみに日常生活でも少しずつ練習しようと思い、最近は友人とメッセージのやりとりするときに「これで伝わるかな」と考えるようにしておりますが…考えすぎてなかなか送れないこともしばしば…(小田沙樹子)。

※画像はイメージです

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422