矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2021.10.08

【オンライン化が進んで】対照的に感じたオンライン化②

コロナ禍の今、ウェブ会議ツールの浸透をはじめ、オンライン化が大きく進んでいます。矢野経済研究所 ICT・金融ユニットの各研究員は、オンライン化が進むなか何を体験し、今後の更なるオンライン化に対してどのような期待を抱いているのでしょうか。
8人目はスマートフォンやVRなどを調査をしている賀川です。

※前回の内容はこちらからご覧ください

https://www.yanoict.com/daily/show/id/802

一方で感心させられたのは、某国内最大手のオークションサイトです。本人確認の厳格化と同時に利用者間のやりとりの手間を徹底的に排除しトラブルを撲滅している点、そして発送作業における伝票記入の手間を省いた点については個人的にとても高く評価しています。(別の個人間売買サービスの影響を強く受けている感はあるものの)

いずれにせよ、オンライン化を進めるあたり「ユーザーにどのように拠り沿うか」が重要だと考えます。その点に於いて事例として挙げた2つのプラットフォームは一般的に使われる為ユーザー数も多いだけにユーザーに負担を強いるような事だけは勘弁いただきたいものです(賀川 勝)。

※画像はイメージです

賀川 勝(カガワ スグル) 上級研究員
新興国が先進国に取って替わり世界経済を牽引している現在、市場が成熟化するスピードも早くなっています。そのような状況下でお客様にとって本当に価値ある情報を最適なタイミングでご提供出来る様、常に心掛けております。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422